社会福祉法人音色会 認可保育園 企業主導型保育園

ねいろグループの想い

ねいろグループのクレド

⒈良いところのはなしをしよう
⒉感謝をみつけられる人でいる
⒊受け入れることができる人でいる

ねいろの由来

『音色会』。音にはひとつも同じ音がない。という想いが込められています。

ふたつとない、それぞれの音(個性)を大切にする
つまり、長所を生かし、短所を補い合うという考えを大切にしています。

ここは人生を学ぶ道場。

ここに写真が入ります。

理事長挨拶

ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

プロフィール

社会福祉法人音色会理事長、みんなの劇場保育園園長。NPO全国レインボークラブ事務局長。東京都出身。 家業のプロデュース会社IMAGINEにて全国47都道府県、述べ約1,000公演以上のミュージカルやコンサートの製作に携わる。NPO全国レインボークラブでは食育フォーラム等のチャリティイベントや児童発達支援事業の運営を行う。認可外保育園みんなの劇場を開設する為に2012年に福岡へ拠点を移す。その後、認可保育園、小規模保育園、企業主導型保育園を開設。一方、九州で本格的なミュージカルを創る為メゾフォルテプロジェクト、メゾミュージカルスタジオを立上げる。演出を務めた「あしながおじさん」公演では文化振興基金の助成も受ける。そんな中、「先生業の教育」「夢実現の教育」の必要性を感じCC認定コーチとアンガーマネジメントファシリテーターを取得。ライフワークとして先生を目指す学生や保育士向けの講演、セミナー、ワークショップのプログラムを仕上げるため邁進している。をされる。時代にあった保育を実践するために2018年にCC認定コーチとアンガーマネジメントファシリテーターを取得。現在、福岡市内4保育園の理事長を務める。

社会福祉法人音色会 理事長
戸田 弟比古

関わる人すべての人々が自分の強みを活かして、幸せになる場所を目指します

おへそ保育みんなの劇場保育園、ねいろ園、くれっしぇんど保育園、どれみ保育園、ねいろステーション、くれカフェは「社会福祉法人音色会」が運営しています。社会福祉法人音色会は、そこに関わるすべての人々にとって、「自分の強みを生かして幸せになる場所l」であることを目指しています。園、おへそこども園、おへそ学道場、おへそこどもスタジオ、おへそつながりは「社会福祉法人みずものがたり」が運営しています。社会福祉法人みずものがたりは、そこに関わるすべての人々にとって、「みずから育つ場所」であることを目指しています。

運営

社会福祉法人音色会

福岡市早良区飯倉福岡市早良区飯倉4丁目8-22
TEL:092-407-8261 / FAX:092-407-8262

理事長 戸田弟比古

これまでの歩み

2011年

認可外保育園 みんなの劇場開園

2013年

社会福祉法人 音色会設立

2014年

保育園みんなの劇場 可化(みんなの劇場保育園に名称変更)

2017年

小規模保育園 ねいろ保育園開園

2019年

企業主導型保育園 くれっしぇんど保育園 開園
         小規模保育園 どれみ保育園 開園
        ねいろステーション 開所

2020年

子育て支援施設 くれカフェ 開所